6to4 relay router設定

提供:Tokyo6to4
移動: 案内, 検索

目次

前提環境

  • Debian/Ubuntu Linux

このページの記述はDebian GNU/LinuxもしくはUbuntu環境を前提にしています。 (動作検証は Ubuntu 8.04.01 LTS 上で行いましたが、他のバージョンでも同様に動作することが期待されます) 他のOSやLinuxディストリビューションでは設定ファイルが異なります。

モジュールの設定

  • /etc/modulesを編集

ipv6モジュールを追加し、利用しないlpモジュールを削除

# diff /etc/modules~ /etc/modules
7d6
< lp
8a8
> ipv6

※ここで ipv6 モジュールを追加することで、起動時に IPv6 プロトコルスタックが /etc/rcS.d/S15module-init-tools の段階で有効になるため、 /etc/rcS.d/S17procps の段階で sysctl 変数から設定できる。

一方、/etc/modules に ipv6 を明示的に記述しない場合には、ipv6 モジュールは /etc/rcS.d/S40networking の段階で読み込まれるので、 S17procps の段階では、当該変数が存在しないため sysctl の設定は行われない。


sysctl の設定

  • /etc/sysctl.confを編集
net.ipv6.conf.default.forwarding = 1
net.ipv6.conf.eth0.forwarding = 1

IPv6 でのパケット転送を有効化

# Ignores RA
net.ipv6.conf.default.accept_ra = 0

RAの受信を無効化

インタフェースの設定

  • /etc/network/interfacesを編集
# The primary network interface
auto eth0
iface eth0 inet static
        address 192.0.2.80
        netmask 255.255.255.0
        gateway 192.0.2.1
iface eth0 inet6 static
        address 2001:db8::80
        netmask 64
        up ip -6 route add default via fe80::20d:56ff:feb8:1f66 dev eth0

auto eth0:0
iface eth0:0 inet static
        address 192.88.99.1
        netmask 255.255.255.0

auto tun6to4
iface tun6to4 inet6 v4tunnel
	endpoint any local 192.88.99.1
	up ip -6 route add 2002::/16 dev tun6to4
	up ip -6 route add ::/96 dev tun6to4 metric 1
	## Add some routes which should never appear on the wire
	# Unreachable IPv4-only addresses, normally blocked by source address selection
	up ip -6 route add unreach  ::ffff:0.0.0.0/96
	# Unreachable IPv4-mapped addresses
	up ip -6 route add unreach  ::0.0.0.0/96
	# Unreachable 6to4: IPv4 multicast, reserved, limited broadcast
	up ip -6 route add unreach  2002:e000::/19
	# Unreachable 6to4: IPv4 loopback
	up ip -6 route add unreach  2002:7f00::/24
	# Unreachable 6to4: IPv4 private (RFC 1918)
	up ip -6 route add unreach  2002:0a00::/24
	up ip -6 route add unreach  2002:ac10::/28
	up ip -6 route add unreach  2002:c0a8::/32
	# Unreachable 6to4: IPv4 private (APIPA / DHCP link-local)
	up ip -6 route add unreach  2002:a9fe::/32
	# Unreachable IPv6: 6bone test addresses
	up ip -6 route add unreach  3ffe:ffff::/32
	down ip -6 route flush dev tun6to4
        mtu 1472
        ttl 128

重要なのは tun6to4 インタフェースの設定。ここで"endpoint any local 192.88.99.1"と指定することで、6to4として機能するインタフェースが作成される。

その他

  • /etc/default/locale

コマンドラインで文字化けするといろいろ面倒なので、デフォルトの言語を

LANG="ja_JP.UTF-8"

から

LANG="C"

に変更

個人用ツール