Mac OSX 6to4 client設定

提供:Tokyo6to4
移動: 案内, 検索

目次

前提条件

IPv4 Global Address を取得している事

フローチャート

IPv4 Global Address だけを持っている --> 「6to4 tunnel を張る」へ

IPv6 Global Address も同時に持っている --> 「注意点」へ

注意点

  • Global Reachabillity のある IPv6 接続の場合

「システム環境設定」から「ネットワーク」を開き、 お使いのネットワークインターフェースを選択。

「詳細」をクリック後、「TCP/IP」を選択し、 「IPv6の構成」を「切る」。

  • Global Reachabillity の無い IPv6 接続の場合

Work in Progress

6to4 tunnel を張る

  • ip6config start-stf "利用する network interface"

Example: % sudo ip6config start-stf en0

Starting 6to4 on en0.

add net default: gateway 2002:c058:6301::

6to4 tunnel の確認

  • interface に IPv6 Address が着いているか確認

% ifconfig stf0 stf0: flags=1<UP> mtu 1280 inet6 2002:yyyy:yyyy:yyyy::yyyy prefixlen 16

  • IPv6 default route が入っているかを確認

% netstat -rnf inet6

Routing tables

Internet6:

Destination Gateway Flags Netif Expire

default 2002:c058:6301:: UGSc stf0

2002::/16 2002:yyyy:yyyy:yyyy::yyyy Uc stf0

6to4 tunnel の利用を停止する

% sudo ip6config stop-stf

Stopping 6to4.

delete net default

6to4 Tunnel を張る先を変更する場合

/etc/6to4.conf

  • 192.99.88.1 anycast address へ tunnel を張る場合

$peer="6to4-anycast"; # RFC 3068 magic value

  • 個別に tunnel を張る IPv4 address を指定する場合

$peer="ipv4 address(or fqdn)";

個人用ツール